写真提供:修々さん・REIKAさん・GREENさん・かわしゅんさん・シンイチ


 2010年6月13日(日)

 毎年恒例の全道オフですが、今回はいつもと趣旨を変えました。
 これまではFFC北海道メンバーがいる地域で開催していましたが、それも一巡したため、まったく異なった場所で
 行ってみてもいいのではないか?ということで、開催地をニセコとしました。
 場所が場所だけに参加者は果たしてどうなるのか?と不安な面もありましたが、そんな心配とは裏腹に、今回も
 全道各地からメンバーが集合!
 いつものようにワイワイとしたオフ会になりました。
 
 しかし、今年も昨年同様、非常に暑かった・・・・。最高気温は29度だったとか。暑いわけです。


ユートピアさん GAKUさん かわしゅんさん
GREENさん eraさん のりのりさん
ななさん コータさん 修々さん
REIKAさん シンイチ ともさん
タカさん 硝さん こーらさん
 まんぼうさん、ダイスケさんの
 写真を撮影し忘れて降りました。
 誠に申し訳ありません。
SEIさん


 オフ会の会場に設定したのは、倶知安町にある、旭ヶ丘総合運動公園。
 ここはスキー場もあり、そのロッジ(雪ん子館)前の駐車場にしました。
 時期的に新緑の季節ですが、写真のように芝桜が満開になっており、綺麗でした。

 当日の天気はこの上なく快晴。初夏というよりは、真夏。
 8時半の段階で、すでにジリジリと肌が焼けてゆくのが分かります。

 受付は9時半から。そこに合わせて参加者が集まってきます。
 前泊組の残りが到着する前に、札幌からツーリングで移動してきた、eraさん、SEIさん、ユートピアさん、のりのりさん、
 硝さん、タカさんの6名が到着。分かりやすい入り口からではなく、なぜか裏側からの登場。
 ツーリングは、にゃーフィットさん(仕事で不参加)も加わった7名で行っていたそうです。



 参加者が続々と集まり、10時より全道オフの開催。
 修々さんよりご挨拶と注意事項やスケジュールの確認、そして自己紹介へ。
 最初の挨拶の成り行きで、職業も発表となりました(笑) 色々な職業の方が集まっているのですね。


 輪の傍らには、ビデオを回す人が。OBまんぼうさんです。
 BBSに宣言していたように、2006年全道オフ(帯広)以来のビデオ撮影を実行。
 今回も希望者には、全道オフ2010DVDが送付されることになりました。



 開会式直後に1回目の記念撮影。
 というのも、今回はユートピアさんが途中で早退するとのことで、最初に撮影となりました。
 


 今回の初参加の方は、帯広のコータさん。フィットはじっくりと作っていくようで、まずは低さを追求してゆくとのこと。
 同じ帯広からは、ななさんが4年ぶりに参加でした。毎年、都合が合わず残念だったそうですが、今年は大丈夫でした。
 4年経過したフィットは、こだわりと手間がかかっており、オーナーの愛情がこもった1台になっておりました。
 久しぶりの参加といえば、のりのりさん。2年ぶりでした。お忙しいそうですが、この日は丁度空いていたとのこと。
 こうゆう出会いや再開があるので、オフ会は楽しいのです。




 写真:左
 もうひとりお久しぶりな方が、今回参加してくれました。こーらさんです。
 お昼前に会場に到着しましたが、オフ会への参加は函館開催以来。その間に結婚し、今回は家族で参加です。
 すっかりパパですね。

 写真:右
 パパと言えば、こちらの方も。ダイスケさんです。急遽参加出来ることになったそうで、お昼前に突如登場。
 


 全道オフを開催すると(オフ会とすると、かな)、このようにフィットがずらりと並ぶわけで、その光景は第三者から見ると
 一種の異様な光景に見えるのでしょう、駐車場前を通り過ぎる車、あるいは駐車場に入ってくる車に乗っている方々は、
 何事だとこちらを見るわけです。遠くから見ている、いつも通りの反応でもあります。
 ところが今回は、ちょっと違いまして。
 昼食を食べていると、一台のフィットが、列の前に停まりまして。
 降りてきたのは、白人の男性。そして、品の良さそうな年配の女性とそのご主人、子供を抱いた女性も。
 年配の女性から声をかけてきまして、何かの集まりなのかと。
 趣旨を説明するなどした結果、白人の男性とみんなで記念撮影をすることに。
 修々さんが名刺を渡しておりましたが、ホームページ、見ていただけたのでしょうか?

 また雪ん子館前に偶然停まったフィットがおりまして、遠目に見てもかなり手を加えているのが分かる一台。
 のりのりさん方が声をかけに行って、しばらく話しておりました。

 次回の全道オフには、ぜひ参加してくださいね。



 左:コータさん  右:eraさん
 コータさんのはもちろん純正ではなく、社外品のプロジェクタータイプに交換しています。表情がガラリと変わるので、
 非常に気になるアイテムですね。ハイ/ローのバルブが必要になりますが、コストは意外にかからないそうです。
 ただ照射範囲が限られるので、意外と暗いと感じるそうです。HIDに変更すると、また変わるんでしょうかね。
 一方のeraさんのフィットは、純正の形状ですが、フィルムを貼ってスモークスタイルというんでしょうか。夜の運転には
 支障ないようです。表情はこれもガラリと変わりますね。



 左:eraさん BADX ロクサーニEX.W.Core  右:かわしゅんさん RAYS CE28N(オプションカラー:マグブルー)
 BADXは今風の複雑なスポークのホイールですね。デザインが凝っている分、重量もかなりのものだそうで。
 CE28Nは言わずと知れた軽量ホイールの代表。近所の方からもらったそうです。太っ腹ですね。



 左:ななさん  右:コータさん
 どちらも両出しですが、ななさんはオーバル、コータさんは左右2本出し。表情は随分と異なりますね。
 


 昼食後は、恒例のジャンケン大会!
 参加者には、景品を提供してもらってます。お菓子、DVD、SMAPのビデオ、車グッズ、販促品などなどありました。
 また使わなくなったパーツが今回も提供されまして、PIAA HIDフルセット(訳あり)、LastStationのパワーボックス、
 防犯に役立つセキュリティシステムが出品されました。中古ながら、使用上は問題ない品でした。

 ジャンケン大会の顔は、もちろんGREENさん。今回はレースクイーン風(?)に登場です。
 昨年の全道オフ(室蘭)の暑さの経験を踏まえての準備、結果としてネタになってます。流石です。



 勝ち抜け、負け抜け、あいこ抜け、など時として残る条件を変えつつ、ジャンケンは進みます。
 なぜか、毎年、負け残る人は同じ傾向なんですよねえ・・・・。


まんぼうさん VS コータさん ですが・・・・ まんぼうさんの負け



 閉会式後、2回目の記念撮影。今回は、こーらさん、ダイスケさんを交えて。

 予想を超えた暑い中、全道オフに参加してくださった方々、ありがとうございました。
 次回の開催で、会えることを楽しみにしております。
 

 次のリンクは、全道オフの前日(イヴオフ)と全道オフのちょっと後のことです。
 
 
イブオフ2010     REIKA号、ラスト





BACK     TOP